エンタメ
いちおし

「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」特集

攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

「border:1」から全話見放題!いまこそ一気見のチャンス!!
攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears
1989年に原作が発表され、25年が経過した今もなお多くのファンを魅了し続けている近未来SF「攻殻機動隊」。2013年からはコミック、映画、TVアニメに続く第4のシリーズとして、攻殻機動隊創設までの前日譚を描いた『攻殻機動隊ARISE』が制作されている。
まさにファンならずとも絶対に見逃せないシリーズだが、いよいよその最新エピソード「border:3 Ghost Tears」がdアニメストアに登場! 電脳世界を始めとした独特の世界観描写と壮絶なアクションを、物語の始まりである「border:1」から一気にお楽しみください!!
攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears

フレーム

恋人の義体技師ホセと逢瀬を交わす草薙素子の元に仲間となったバトーから西ノ内のビルで起きた爆弾テロの急報が届く。
現場に急行し制圧するとテロリストたちはファイア・スターターと噂される超ウィザード級ハッカーにより偽の記憶が植え付けられ、更に主犯のカルディス人の胸にはかつてクザン共和国で起きたカルディス人独立戦争の英雄“スクラサス”のシンボルマークであるティアドロップ・ダガーの刺青が刻まれていた。それを見た素子は「スクラサスは戦争中に死んだはず」と断言する。
同じ頃、山の手のダムで起きた爆発でひとりの刑事が殺されていた。
その所持品には“人魚の脚(MERMAID’S LEGS)”という店名の名刺と、“エアリアル”というタグのついた義体の脚部が遺されていた。事件を捜査する新浜県警の刑事トグサは、クザン共和国水企業の代表者サイードにたどり着く。
会議場の爆発物はなにか? ファイア・スターターの正体とは? ふたつの事件が交錯するとき、蘇ったスクラサスの狙いが明らかになる――。

CHARACTERS

border:1と2の特集で登場人物を復習
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain特集
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers特集
解説 フレーム
電脳 攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
「攻殻機動隊」の世界ではほとんどの人間が脳を電脳化しており、パソコンなどの通信端末がなくてもネットに直接接続が可能。人と言葉を介さず頭の中で会話をしたり、記憶を共有することができるようになった。
本作の主人公・草薙素子は他人の脳をハッキングする「電脳戦」のエキスパート。戦闘中に相手の情報を盗んだり、視覚へ進入してダミーの映像を見せるなど、その能力を最大限に駆使して任務を遂行していく。
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
フレーム
フレーム
義体 攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
人間の肉体の一部、もしくは全身を機械で作られた体に置き換えることを義体化と呼ぶ。それにより人の限界を大幅に超えた戦闘力や情報処理能力を得ることができる。
「攻殻機動隊」のメンバーは荒巻とトグサを除く全員が、体のいずれかを義体化している。素子は脳と脊髄以外は完全義体の持ち主。「border:1 Ghost Pain」では少女型の自走地雷や、左腕にスタンガンを仕込んだ戦闘型サイボーグと戦いを繰り広げた。
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
フレーム
フレーム
光学迷彩 攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers特集
物体を透明化する技術。視覚だけでなく赤外線センサーなどにも探知されないようになる。「攻殻」シリーズではお馴染みのギミックで、劇場版ではオープニング等の印象的なシーンに使用されていた。
本作では人工知能搭載の輸送支援車両・ロジコマが装備している。「border:2 Ghost Whispers」の彼(?)の奮闘も大きな見所。
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers特集
フレーム
フレーム
疑似記憶
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers特集
人間の思考とネットがダイレクトに繋がっている電脳には、ウィルスやハッキングの危険性が常にはらんでいる。その中でも、他人によって意図的に書き換えられてしまった記憶のことを「疑似記憶」と呼ぶ。
ハッカーは他人に植え付けた偽の記憶で間接的に行動を操り、様々な事件を巻き起こしていく。『攻殻機動隊ARISE』のこれまでのエピソードも「疑似記憶」が深く関わっている。
攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers特集
フレーム
フレーム
攻殻機動隊大原画展西武池袋本店別館2階=西武ギャラリーにて開催
攻殻機動隊大原画展
世界を揺るがした士郎正宗の『攻殻』誕生から25周年。漫画だけに留まらず、TV、映画と、今なお世界を広げ続けている『攻殻機動隊』。近未来の世界観を描いた色褪せることない漫画原稿からアニメーションの原画、セル画まで一挙展示!! 原画展オリジナル版画やグッズも販売される。
■会場:西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
■会期:2014年8月8日(金)~20日(水)
■開場時間:午前10時~午後8時
※ご入場は閉場時間の30分前まで。
※最終日8月20日(水)は午後6時閉場。
また、来店ポイントアプリ「ショッぷらっと」では、ショッぷらっとでしか手に入らない攻殻機動隊大原画展オリジナルデザインの入場券と缶バッジを入手できるキャンペーンを実施する。
■オリジナル入場券と缶バッジの入手方法
①アプリをダウンロード
GooglePlayまたはApp Storeからアプリをダウンロード
アプリの新規入会キャンペーンでまずは100Starをゲット
②アプリに表示される加盟店にチェックインしてStarを貯める
西武池袋本店で8月7日(木)まで実施される「攻殻機動隊大原画展予告ミッション」(店内5か所のチェックポイントのうち3か所でチェックインするとボーナスStar100をゲット。)などお得なイベントが開催されているので、たくさん加盟店を回って、Starを貯めよう。
③600Starを貯めて「オリジナル入場券」引き換えクーポンと交換する
600Starを貯めて「攻殻機動隊大原画展オリジナル入場券」引き換えクーポンと交換しよう。
④8月8日(金)からの西武池袋本店ミッションをクリアしてオリジナル缶バッジをゲット
8月8日(金)から20日(水)まで西武池袋本店で開催される「攻殻機動隊大原画展ミッション」をコンプリートすると缶バッジと引き換えできるクーポンをゲットできる。
ミッションは原画展会場含む西武池袋本店対象会場5か所すべてのチェックポイントを回るとコンプリート。原画展を観た人だけがゲットできるレアアイテムだ。
⑤オリジナル入場券・缶バッジとクーポンとの引き換え場所は、どちらも原画展会場内の「ショッぷらっと特設コーナー」へ
オリジナル入場券は先着2000名さま限定、缶バッジは毎日先着200名さま限定。(引き換えは原画展の開場時間内のみ)
ショッぷらっと限定攻殻機動隊大原画展オリジナル缶バッジ
©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
©サイコパス製作委員会
©Production I.G・士郎正宗/NTV・VAP・IG・DNDP
過去の特集